本校について

   宮城県立気仙沼支援学校は,知的発達に障害のある小学1年生から高校3年生までが在籍しています。児童生徒に必要な,特別な教育内容や教育環境を整え,可能性を最大限に引き出し,自立と社会参加の促進が図られるよう指導を行っています。
 当校は宮城県のほぼ北東端に位置する気仙沼市にあります。気仙沼市は漁業基地として全国的にも有名ですが,現在では陸中海岸国立公園の一部として,観光地としても名声を博しています。
 現在,当校が所在する気仙沼市と南三陸町の1市1町から,通学バス等により児童生徒が通学しています。
 市街地中心部から南西側の,小高い丘の上に学校があり,遠く大島や気仙沼湾を一望できる好環境にあります。近隣一帯は市の文教地区として指定さ れ,松岩小学校や松岩中学校,気仙沼西高等学校があり,又,病院,特別養護老人ホーム,障害者授産施設,新聞社,美術館,総合体育館,さらには市の散策の森,桜の名所となっている三峰公園などがあります。

学校教育目標

1 学校教育目標
 児童生徒一人一人が夢や志をもちながら,地域社会の中で自分らしく,たくましく生きていくための力を身に付けさせる。
 【目指す子ども像】
  〇じょうぶなからだをもつ子ども
  〇自分のことは自分でする子ども
  〇みんなと仲良くする子ども
  〇よろこんで勉強する子ども
  〇いっしょけんめいはたらく子ども

2 経営の基本方針
1)夢と志をもち調和のとれた人間の育成を目指して,児童生徒一人一人の実態や教育的ニーズに応じると共に,地域や学校の実態を十分考慮した教育活動を行う。
2)教育公務員としての使命と責任を自覚し,児童生徒の幸福と人権を尊重し,教育目標達成のために全力を傾ける。
3)相互に信頼と敬愛の精神をもって明るい人間関係を樹立しながら,チームによる教育支援及び組織運営を心掛け,特色ある学校作りを進める。
4)常に自主的に研修に励み,自己の資質向上に努めるとともに,実態把握(A),計画(P),実践(D),評価(C),改善(A)の手順を継続しながら学校課題に取り組む。
5)家庭並びに関係機関や地域社会との連携を深め,児童生徒に必要な諸条件の整備改善に努める。


3 本年度の努力点
1 )児童生徒一人一人のニーズに応じた指導・支援の工夫
[1] 児童生徒一人一人のニーズや実態に応じた授業づくりに努める。
[2]「個別の指導計画」,「個別の教育支援計画」の活用を図るため,情報の整理並びに形成的評価の工夫と指導内容の改善に努める。
[3] 児童生徒の自立と社会参加を目指した共同研究の推進,充実を図る。
[4] 学部間の系統性と一貫性をもたせた学習指導の充実を図る。

2 )安心・安全な学校づくりの実践
[1] 教育活動全般を通して,児童生徒が安心・安全に学習できる教育環境の確保に努める。
[2] 医療的ケアの充実に努め,児童生徒が安心して学校生活を送ることができる体制作りに努める。
[3] 防災教育に関する授業実践並びに教材開発を行うとともに,地域と連携しながら,随時,防災関係の対応マニュアルの見直しを図る。

3 )センター的機能の発展
[1] 幼児から高校生まで支援を継続してできるよう,他機関と連携しながら校内並びに地域支援の充実を図る。
[2] 校内及び外部の人材を活用しながら,より実践的な研修会を企画・運営し,地域としての専門性の向上を図る。
[3] 本校の実践並びに特別支援教育に関する情報の発信に努める。

4 )志教育の展開
[1] 志教育の視点で指導計画や展開例を作成するとともに,授業実践に取り組む。
[2] 進路学習の充実に努めるとともに,現場実習先の確保並びに進路開拓を図る。